瞑想とは?

ヨガ・瞑想と重ね煮と

海の近く湘南エリアを中心に。

自分を成長させ人生を豊かにする、ヨガ・マインドフルネス瞑想・重ね煮を使った料理などを伝えています。



【 プロフィール 】

8BA5AA88-A51C-487A-8B26-C551644A47A3_1_201_a

続きを読む

【クラス・WS など】

AE6C6249-09E0-43B2-8081-83D956375B3A

続きを読む

どうして瞑想をするのか?

「心を落ち着かせて生活したい」
と思っていても、

溢れかえる情報によって、
心は常にさまよい続けています。

だから目を閉じることで、

視覚に頼っていた外の情報が遮断され、
心が自然と内側に向かっていきます。

そこには心が寛ぐ本来の場所があり、

そこに座って落ち着くことによって、

私たちは

何ものも否定したり、排除することなく
自分自身を受け入れることができる。

そしてまた目を開けて
日常へと戻っていったときには、

自分の中に
より広がったスペースを
感じることができるでしょう。

その練習の積み重ねが、
本当に落ち着いた心の質を作っていきます。

瞑想のステップ

①心を集中させる


基本的には瞑想は、
いろんなテクニックによって

揺れ動く心を一点に集中させる

ところから始まります。

心がせわしなく動いていると、

意識が散漫になり
物事の本質がよく観えなくなります。

②気づく

そのうえで、

自身の身体、呼吸、心などの今の状態に

「そうなんだな」と

ただ気づいていきます。

③受容する

気づいたことを

自分のいい方に変えたり
コントロールしょうとせずに、

そのまま受け入れます。

④観察する

気づきをそのままに、

集中した心で観察していきます。

上空からトンビが地上を眺めるように、
より俯瞰した視野から眺めると、

自分の思い込みではない

ありのままの姿が見えてきます。

そのことで、
自己への理解がより深まっていくでしょう。

マインドフルネス瞑想


ヒツジナヨガでは、

より自然な呼吸や身体を観察し、

過去でも未来でもない

「今この瞬間」の
あるがままの状態に意識を向ける

『マインドフルネス瞑想』

を主に練習しています。

多くの人にとって取り組みやすく、
特定の意識状態を強要しない安全な瞑想法です。


肯定も否定もせず、

「ただそうなんだ」

という気づきをそのまんま、
何も変えず共にいるという練習は、

日常生活の中で常に揺れ動き、
変化に苦しむ私たちのマインドにとって
大きな助けとなります。

日々の生活に瞑想、
あるいは瞑想的な在り方が根ずくことで、

自分自身をそのまんま受け入れる力、

より善く生きる質を得られるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました